事業内容

株式会社マツスイ
〒791-8060
愛媛県松山市三津ふ頭1番地2
松山市公設水産地方卸売市場内
TEL.(089)952-3077(代)
FAX.(089)952-3950(代)

業務内容

まだ街も眠る夜明け前。三津の港には瀬戸内の魚が次々と水揚げされ、全国の港から夜を徹して走ってきたトラックが 次々と市場に到着し始めると、場内はたちまち豊富な魚で埋まり、『魚島』ができあがります。そして午前5時、セリ人の一声とともにトロ箱を舞台にいよいよ、セリがはじまります。

この松山市公設水産地方卸売市場で扱われている魚は、瀬戸内の天然魚を中心に、 日本の海、世界の海から届くものまでとその魚種は実に豊富。ここを拠点に愛媛県内各地へと運ばれています。 私たちにとって、天候に左右されず魚の安定供給を図っていくのも大切な使命。マツスイは活魚の需要増に応じ、大型水槽や海上イケスを構え、 常に養殖魚(活魚)の確保を行っています。この養殖魚を県内だけでなく、全国の食卓にお届けしていくのもマツスイの使命です。

取引の流れ

事業運営組織図

部名 課名 業務内容
総務部 総務課 総務・人事労務・一般庶務に関する事項。
経理課 決算処理・金銭出納・仕切金支払に関する事項。
電算課 電算処理・統計情報処理に関する事項。
企画管理課 事業計画・企画調査・貿易・外国為替に関する事項。
近海部 第一課 マグロ等の太物類及び八幡浜等の色物を含むトロール魚他及びサバ・アジ・イワシ及びサンマ等の送り物の青物並びに宇和海等の色物の集荷販売に関する事項、生鮮鰻類の集荷販売、生鮮ウニの集荷販売に関する事項。
第二課 貝類・イカ類・カニ類・サワラ・ひじき等の送り物並びに車海老の集荷販売に関する事項。
鮮魚部 第一課 瀬戸内海の底引魚類、サザエ・アワビ等貝類、延縄タチウオ、宇和海の活魚類及び活かし物の集荷販売に関する事項。
第二課 瀬戸内海の底引魚類、釣・建網魚類、活タコ、その他活魚の集荷販売に関する事項。
冷塩部 冷塩課 冷凍魚・チルド品・冷凍エビ等冷凍品及び塩蔵品・乾物・湯煮品等、塩干加工品全般の集荷販売に関する事項。
養殖部 第一課 養殖ダイ及び養殖ひらめ、養殖あじ、養殖サーモン等養殖魚の集荷販売並びに水槽の管理に関する事項。
第二課 養殖ハマチ・ブリ・カンパチ等の集荷販売並びに海上生簀の管理に関する事項。
加工課 養殖魚の生鮮一次(フィレ)加工・販売に関する事項。

加工部門について

瀬戸内は四季を問わず、いつでも豊富に魚がとれる豊穣の海。私たちマツスイでは、その魚をさらに便利にお届けするために一次加工を行う加工部門を開設しています。
ここでは多様化する消費者ニーズに対応すべく、スーパーマーケットなど量販店向け商品として、水槽やイケスから水揚げされたばかりの魚の頭や骨、内臓処理までを施し、開店時間に合わせてスピーディーに出荷。独自に開発した真空パック方式によって刺身の保存期間も長くなるなど、最高の鮮度を最良の方法でお届けすることを身上としています。
また、冷凍・塩干部門では瀬戸内をはじめ日本全国、世界各地の様々な水産物の流通・販売を通し、食生活の安定に寄与しています。

セリについて

セリについて
水産市場に集められた魚は、朝5時から「セリ」という方法で仲卸業者や売買参加者に売られます。その日運び込まれた魚をすべてその日のうちに流通させるために、セリは驚くほど早いテンポで威勢よく行われます。 ここ松山市公設水産地方卸売市場で扱われる水産物は、すべてセリ人によって販売されています。
そしてセリ人は「誠実・公平・迅速」が心得。マツスイでは、このようなセリ人を育成しています。
 
セリの指の形について
セリに参加する仲卸業者や売買参加者は、声を出さずに指の形で買いたい金額を表し、一番高値をつけた人が買うことができます。
セリの指の形は全国いろいろですが、松山で使われる指の形と代表的な呼び方は以下の通りです。


◇指の形による数字の表示は決まっていますが、金額の単位は商品によって異なります。
 驚きは、10円、100円、1000円はどれも同じ『ズン』で表示されるところです。
Copyright (C) マツスイ. All Rights Reserved.